So-net無料ブログ作成

雨のドライブ [ドライブ]

福津市まで忘れ物を取りに行ってきました。

着いたらちょうどいい時間になったので、海岸沿いの店で昼食

KIMG0808-2.jpg

KIMG0805-2.jpg

KIMG0806-2.jpg

KIMG0807-2.jpg

宮地嶽神社近くの海沿いにはおしゃれな店がいいぱいありました。
道路も快適で、今度はバイクで来たいな!

帰りに芦屋の砂像展に寄りました。

あいにく雨でしたが・・・(T_T)

KIMG0812-2.jpg

今回のテーマは宇宙だそうです。

KIMG0813-2.jpg

KIMG0815-2.jpg

KIMG0816-2.jpg

KIMG0817-2.jpg

KIMG0818-2.jpg

KIMG0821-2.jpg

アインシュタインの顔、特に目がリアルでした。

KIMG0822-2.jpg

異音発生! [車のメンテナンス]

R2で走行中、変な音が聞こえるようになりました。
ゴトゴトという音♪

ハンドルを左に切ると音が大きくなります。
真っ直ぐでは小さな音
右に切ると聞こえなくなります。

車体の下を覗いてみても別に以上は見当たりません??

しばらく運転しても音が消えそうなどころか
だんだん音が大きくなったような?

整備工場に乗っていくと
整備士さんが試乗して戻ってくると
しばらくしてまた試乗に
5分ほどで直りましたと

左後輪のホイールのナットが緩んでいたのが原因でした。
走行中、左にハンドルを切ると左後輪の荷重が軽くなり異音が出ていたようです。

左後輪のナットだけ緩んでいたそうです。
最近ホイールを付け替えた覚えはないし??
と思ってましたが、そう言えば左後輪を縁石に乗り上げてガツッと音がしことがあるけど
ホイールには傷もないので気にしてなかったですが、その時緩んだのかも?

教訓
走行中にゴトゴト異音がしたら、ホイールナットの確認を!

カスタムシート [カスタム]

VTRに乗るといつもお尻が痛くなってきます(T_T)
20~30分ぐらいからだんだん痛みが、
1時間も乗ると座っているのがつらくなってきてました。

VTRのシートはちょっとえぐれた形状でローシートのようなクッションが薄い感じがします。
中古で買ったので純正のままなのか?よくわかりませんが。

対策としてゲルザブRを付けましたが、
痛くなるまでの時間は延びましたが、やっぱりお尻が痛くなってきます。
膝の曲がりもきついので、アンコ盛りしてクッションを厚くしたらだいぶ良くなるはず?と
シート加工業者にお願いしました。

アンコ盛り前

KIMG0100.JPG

アンコ盛り後

KIMG0705.JPG

KIMG0707.JPG

KIMG0706-2.jpg

結果は、お尻が痛くなるまでの時間は大幅に伸びました(^O^)
ず~と乗ってたら痛くはなりますが、許容範囲です。
膝の曲がりも緩和されたみたいであまり気にならなくなりました。

前側4cmアップで座面フラット気味(傾斜をなだらか)に後ろ側も最低2cmほどアップ座面広めに
前席ディンプル後席カーボンとお願いしました。

ゲルザブもあるので、これにゲルザブを付けて乗ってみると
この方がやっぱり乗り心地いい感じでした。

CB1300SFのCOZYシートと比べたらクッションの厚みはVTRの方があるみたいですが、
CB1300SFの方が、VTRアンコ盛り+ゲルザブよりお尻が痛くなりません。
やっぱりお尻の痛みの緩和には、座面の広さも関係あるみたいですね!

レーダー交換 [カスタム]

レーダーをバイクと車兼用で使っていました。
無線LANで自動で最新の情報に更新するタイプだったので良かったですが、
CB1300SFで使用中接触不良で電源が入ったり切れたりとなってしまいました。
1年ほど前も同じようになって電源コードを交換しましたが、また(T_T)

レーダーの電源コードは、ミニプラグと言うタイプです。
OBDⅡ対応のもの
これです。

PA140200-2.jpg

どうもこのタイプは、差し込み部分が短いからか?
抜き差しを繰り返すと接触不良を起こしやすいみたいです。
紙やすりで磨いたり、接点回復剤をスプレーしたりしましたが、
やっぱり電源が不安定です(^_^;)

シガーソッケト側ではコードの電源ランプが点いているのと
車とVTRでは電源不安定の不具合は出ないので、
コード側の接点が原因だと思います。

新しいコードももう手持ちがないのと、また繰り返すかもなので
レーダーを替えることにしました。

今度は、イヤホンジャックタイプの接続のものに
これです。

PA140204-2.jpg

バイクは2台とも同じレーダーを使うので両方とも
新しいコードに交換しました。
電源コードも探したらもう1本ありました(^-^)

PA140196-2.jpg

PA140198-2.jpg

PA140205-2.jpg

取り付けステーは、同じユピテルのレーダーなのでそのまま使えました。

PA140201-2.jpg

PA140207-2.jpg

PA140209-2.jpg

今度のレーダーはだいぶコンパクトになってバイクにはこっちの方がいいかも!
接続もカチッと差し込めるのでたぶん大丈夫でしょう!

転ばぬ先の杖!
でもステルスでは、先頭はレーダーが鳴った時はもう手遅れですが(-_-;)
15km/hオーバーまではOKだとか?
10km/hオーバーまでと言う説も?

とにかく先頭の時は、用心ですね!

鯖街道! [ツーリング]

2016年10月7日(金)
夜8時発の阪九フェリーで門司から神戸へ出発です!
3泊4日の旅です。
と言っても行きと帰りはフェリー泊ですが。

今回は、5名で行く予定でしたが、1名が急用ができたと言う事でドタキャン!
先に約束しても後からの約束が優先?みたいで、ちょくちょくドタキャンする人
これで何度目か・・・(;一_一)

4名になったけど
1名は、集合場所に現れず連絡なし
もう1名は、免許証やカードの入ったバッグを失くして行けんかも?と連絡あり
最悪2名かも?と覚悟して門司のフェリー乗り場に到着!

バッグが見つかったと連絡があり間に合えば行くとのこと
とりあえず4名分の乗船手続きを済ませて
バイク置き場に居ると反対方向から1台のバイクが登場!
連絡なしの1名でした(^_^;)

もうすぐ乗船終了と言うところ、ホントにギリギリで
もう1名も到着!

これで無事に4名揃いました(^O^)

とドタバタの出発でした(^_^;)

乗船してすぐにレストランで乾杯!
阪九フェリーは、バイキングじゃなかったので高価な夕食となりました(^_^;)

その後風呂に入って就寝!

翌朝目覚めるとバッグ探しで走り回った方が、脚が痛くてツーリングは無理かも?と
別行動で病院に直行して様子を見てどうするか考えると

と言うことで3名でツーリングスタートです。
神戸の街を走り抜け高速で京都へ
京都南ICで降りて京都の街中へ

PA080005-2.jpg

今日10月8日(土)は、どうにか夜まで天気は持ちそうです(^O^)

まだ100kmちょっとしか走ってないですが、ハーレーがガソリンを入れるとう言うので
3台ともガソリンを入れました。

ガソリン入れ過ぎたそうです、溢れてきました(@_@;)

PA080009-2.jpg

病院に行った1名から、ツーリングに参加すると連絡があり
京都の山側の三千院で待ち合わせすることに

その前に時間調整で寂光院にも寄りました。

PA080017-2.jpg

KIMG0738-2.jpg

PA080021-2.jpg

PA080027-2.jpg

PA080028-2.jpg

PA080035-2.jpg

近くの三千院へ向かいます。
ここで4名揃って昼食です。

KIMG0740-2.jpg

PA080045-2.jpg

PA080054-2.jpg

PA080056-2.jpg

KIMG0744-2.jpg

後で知りましたが、アップで見ると「わらべ地蔵」も居ました!

KIMG0744-3.jpg

PA080059-2.jpg

風情があります、紅葉シーズンに来たら最高でしょうね!

金粉入りのお茶を飲みました!
ご利益あるかも?

PA080067-2.jpg

PA080070-2.jpg

番号付きの「あさぎまだら」\(◎o◎)/!
長距離を移動する蝶だそうです。

PA080074-2.jpg

PA080075-2.jpg

ソフトを食べて休憩!

PA080079-2.jpg

どこかで聞いたような歌詞!

PA080080-2.jpg

「鯖街道」R367を北上します。

鯖街道の説明です。
若狭ではいつの頃からか小浜を中心に「京は遠ても十八里」と言われており、与謝蕪村(1716~83)が「夏山や 通ひなれたる 若狭人」(安永5年 1776年の句)と詠んでもいるように若狭と京都はきわめて深い関係にありました。
若狭をほぼ東西に走る「丹後街道」は、東は越前敦賀、西は丹後の舞鶴あるいは宮津までの幹線道路でした。
「若狭街道」は、大陸文化の玄関としての小浜から若狭町(旧上中町)の日笠を通り、熊川を経て、滋賀県高島市朽木(旧朽木村)を越え、大原八瀬より京都への道を言います。しかし、より正確に言うならば、小浜から日笠までは「丹後街道」であって、日笠から京への道を「若狭街道」と言うべきかも知れません。
「鯖街道」もいつの頃からかこの呼び方をされていますが、熊川の古い文書には由来となるはずの若狭湾の鯖とわかる記載は見当たりません。
しかし18世紀後半になって若狭湾で多種類の海産物に混じり大量の鯖が水揚げされるようになった事や小浜の『森田宗太郎家文書』によれば宝暦(1751~63)以後、若狭の海で鯖が大量に漁獲され、これを京都の人々が大衆魚として広く庶民が賞味し、また祭礼にも欠く事が出来なかったためだ、とも考えられます。
これらが運ばれた道は幾通りもありましたが、鯖の運ばれた道の総称が「鯖街道」であると言っても良いでしょう。
中世以降は熊川・朽木経由の「若狭街道」こそが輸送量の多い「鯖街道」の名に最も相応しい道であったことは確かです。

PA080083-2.jpg

熊川宿に到着!
熊川の宿は、若狭から京都を結ぶ重要な宿場で、特に天正17年以来発展を続けました。奉行所・番所・お蔵屋敷の跡が残り、情緒あふれる街道沿いには、昔ながらの用水路が流れています。豊臣時代から藩政末期におよぶ古文書・御用日記なども保存されています。熊川宿は、重要伝統的建造物群保存地区に選定され、往年の繁栄を偲ぶ町並みが保存されています。
平成27年に熊川宿を含む鯖街道が「~御食国若狭と鯖街道~」として日本遺産に認定されました。

ふと見るとライトが曇ってます(@_@;)

PA080086-2.jpg

PA080088-2.jpg

時代劇とかに出てきそうなもっと古い宿場町を想像してましたが・・・(^_^;)

PA080093-2.jpg

PA080095-2.jpg

名物の「鯖寿司」をいただきます!

PA080096-2.jpg

宿のある舞鶴「ふじつ温泉」には高速で向かいます。

入る時は、もちろんETCゲートで入りましたが、
出口のICはETCゲートが工事中!!
ETCカードを出して清算だと\(◎o◎)/!
シート下だから荷物を全部降ろさないといけないので
「機械でやって!!」と言ったけど
「すみませんカードを出してください」と(T_T)

PA080097-2.jpg

宿に着いたら雨が降り出しました。
ギリギリセーフ!!

雨なので晩御飯は、ホテルで

夜中は雨が激しく降ってましたが、朝8時過ぎには、どうにか止みました(^O^)

近くの道の駅「舞鶴港とれとれセンター」に寄り道

PA090101-2.jpg

昨年夏は、ここから北海道へフェリーで行きました。

朝食食べたけど、つぶ貝焼きを食べました。

KIMG0755-2.jpg

ここで1名は、自走で福岡に帰るそうなのでお別れです。

天気は回復するみたいですが、ナビとレーダーにはカバーを付けて
ほんとうは「天橋立」に行きたかったんですが、
雨雲レーダーによると北は雨(T_T)

雨が降りそうにない南へ向かいます。

PA090106-2.jpg

PA090112-2.jpg

PA090115-2.jpg

道の駅「美山ふれあい広場」で休憩!

PA090117-2.jpg

美山牛乳、濃厚な味です。

KIMG0761-2.jpg


「美山茅葺きの里」へ向かいます。
茅葺きの家がほんとにたくさんあります!

PA090120-2.jpg

PA090125-2.jpg

PA090137-2.jpg

PA090139-2.jpg

PA090141-2.jpg

PA090142-2.jpg

茅葺の屋根は厚みが半端ないです\(◎o◎)/!

PA090151-2.jpg

PA090155-2.jpg

PA090176-2.jpg

来た道をちょっと戻って昼食です。

KIMG0785-2.jpg

牛すじカレー

KIMG0784-2.jpg

快適な下道が信号・渋滞に変わったところで高速で神戸へ

PA090188-2.jpg

港に到着!

PA090192-2.jpg

フェリーで最後の晩餐!

明石海峡大橋
行きは見逃しました。
風が冷たくて寒かったけど大迫力でした!

KIMG0800-2.jpg

翌日、九州に戻ると快晴でした。

PA100194-2.jpg

走行距離 456km
燃費  34.7km/L