So-net無料ブログ作成
検索選択

冷却水(ク-ラント)交換 [メンテナンス]

2016年8月
CB1300SFとVTRの冷却水(クーラント)を交換しました。

まずは、CBから
サイドカバーを外して

P8270074-2.jpg

ガソリンタンクを持ち上げるとエンジンの真上にラジエターキャップがあります。

P8270077-2.jpg

ガソリンタンクを持ち上げた状態にキープします。
CBのガソリンタンクはシート側を全て外すことなく持ち上がるようになっているので
タンクが落ちる心配はないので便利です。

P8270079-2.jpg

クーラントのドレンボルトは、クランケースカバーの中にあるので
シフトアームを外します。

P8270082-2.jpg

P8270083-2.jpg

ドレンボルトはここです。

P8270086-2.jpg

ドレンボルトを外してもクーラントはほとんど出ませんでした。
ラジエターキャップを外すと勢いよく・・・(^_^;)

P8270089-2.jpg

リザーバータンクのキャップを外し下側のホースを抜きます。

P8270093-2.jpg

すべて抜き終わったら、水を入れて洗浄します。
ラジエターもリザーバータンクも
出てくる水が透明になるまで

P8270099-2.jpg

新しい冷却水を入れます。
今回入れるのは、ホンダ ウルトラeクーラント 
長寿命の冷却水です。
車用だけどバイクでもOKでしょう!

新車時、工場充填車の初回交換時期は11年間(車検5回目)または20万キロと高寿命、高性能なクーラントとなっております。従来の「ウルトララジエーター液」使用車に充填すると、6年間(交換後の車検3回目)又は、12万キロまで無交換となり、お客様のメンテナンス費用を削減することができます。また、交換必要回数が減少するため、省資源や環境汚染低減効果もある高性能クーラントです。】

次は6年後でいいのかも??

P8270081-2.jpg

タンクの真ん中辺りで届きにくいのでロートを使って入れます。

P8270101-2.jpg

P8270102-2.jpg

ラジエターの口が全然見えないのでここまで・・・(^_^;)

P8270103-2.jpg

50%希釈済みなのでそのまま入れました。

リザーバータンクもアッパーレベルまで入れてキャップを締めて
ラジエターキャップは開けたままで

ホースをもみもみするとブクブクと空気が抜けていきます。
何度かやって
今度はエンジンをかけてアイドリング
時々吹かして(近所迷惑ですが(^_^;))エア抜きします。
冷却水が減った分継ぎ足して
ラジエターキャップを付けてタンク等元に戻して終了です。

続いてVTRです。
メンテナンススタンドで垂直にして

P8270105-2.jpg

サイドカバーを外してタンクを持ち上げます。
前後ともボルトを外しているので落ちるかもなので慎重に

P8270106-2.jpg

タンクを上げるとラジエターキャップが見えてきました。

P8270108-2.jpg

ドレンボルトは一つ目がここです。
VTRには、もう一つあります。

P8270109-2.jpg

ドレンボルトを外してラジエターキャップをちょっと緩めると出てきました。
今度はこぼさないように

P8270111-2.jpg

P8270112-2.jpg

二つ目のドレンボルトはここです。
もう外した後ですが

P8270118-2.jpg

リザーバータンクはこんなところです。

P8270119-2.jpg

ホースを外しても冷却水は出てきません。

P8270122-2.jpg

キャップのレベルには、冷却水の緑色が付いてたから入っていたけど
ラジエターの上にあるから流れていった??

全部出たらラジエターとリザーバータンクを水で洗浄します。

P8270124-2.jpg

ドレンボルト2個とホースを付けます。
ホースを付けるのが大変でしたが、これを使えば簡単でした。

P8270125-2.jpg

ラジエターの口まで冷却水を入れて

P8270126-2.jpg

リザーバータンクもアッパーレベルまで入れてキャップを締めて
エンジンかけてアイドリング、時々吹かして
冷却水が減った分継ぎ足して
ラジエターキャップを付けてタンク等元に戻して終了です。

冷却水がこぼれた部分には水をかけて流しました。

古い冷却水は、エンジンオイルと同じくレジ袋に新聞紙である程度蒸発したら燃えるゴミで

ちょい乗り! [ツーリング]

2016年8月
暑い日が続く中
涼しい朝6時に家を出てちょっと乗ろうと走りました。

涼しくて気持ちよかったので、由布岳付近まで来てしまいました(^-^)

P8200007-2.jpg

P8200018-2.jpg

P8200023-2.jpg

P8200024-2.jpg

やまなみハイウェイを走ります。

P8200039-2.jpg

P8200040-2.jpg

P8200043-2.jpg

長者原で休憩!

P8200049-2.jpg

P8200050-2.jpg

帰りは、四季彩ロードの方へ

P8200052-2.jpg

P8200054-2.jpg

耶馬渓、地震の影響?

P8200067-2.jpg

P8200068-2.jpg

朝は、涼しくてよかったんですが、昼に近づくと暑さが・・・(^_^;)
日陰の道とトンネルが涼めました。

12時ジャストに帰宅!
ちょい乗りのつもりでしたが(笑)

走行距離 252km
燃費  37.1km/L (最高記録です(^-^))

ストップランプ交換 [車のメンテナンス]

R2の右側のストップランプが切れたので交換しました。

たまたま後続の車が同僚だったので、「右のストップランプが切れてる」と言われてわかりました。

昼間なんで画像ではわかりにくいですが、やっぱり右が切れてますね。

P8190236-2.jpg

初めての交換、2015年式なんで13年もったことになります(◎_◎;)

LEDに交換したいところですが、エラーの警告が点くとか?なので
普通のバルブに交換です。

P8190238-2.jpg

この2個のボルトを外せば外れるみたいです。

P8190239-2.jpg

P8190240-2.jpg

手前にぐいぐい引っ張るとやっと外れました。

P8190241-2.jpg

ストップランプのソケットを左(反時計回り)に回して
これもぐいぐい引っ張って外れました。

P8190242-2.jpg

ランプを交換してソケットを取り付けて元に戻します。

右が切れたので、左も切れるのは時間の問題か?と思い
左側も交換しました。

緑のカプラー2個がボディーにはまってます。

P8190246-2.jpg

確認して終了!

P8190247-2.jpg

バルブは2個で420円でした。
値段が倍の明るい高効率バルブというのも売ってましたが
説明を読むと寿命が短いと(+_+)
普通のバルブにしました。

タイヤローテーション [車のメンテナンス]

暑い中、オーリスのタイヤを前後にローテーションしました。

雲仙に行って1万km超えたので

まずフロント側をジャッキアップしてリア側を

P8100223-2.jpg

P8100225-2.jpg

フロントホイールは結構汚れてます。

P8100226-2.jpg

洗いました。

P8100227-2.jpg

使った工具

P8100233-2.jpg

傷がつかないようにジャッキが当たる部分にぼろ布を使いました。

P8100234-2.jpg

九州ふっこう割(1泊) [ドライブ]

2016年8月
九州ふっこう割のチケットがやっと手に入ったので長崎へ1泊で行ってきました。
もちろんETC割も申し込みました。

宿泊は3万円分が1万5千円に、ETCは3日間乗り放題で6500円

「じゃらん」も申し込んだけどなかなか取れないみたいです(-_-;)
ゲットできたのは、コンビニ販売の分でした。

高速乗り放題なので、行橋ICから高速へ

九州自動車道→長崎自動車道→西九州自動車道

終点の佐々ICからR204で平戸まで

P8080004-2.jpg

一気に生月島へ向かいます。
生月大橋が見えてきました。

P8080008-2.jpg

サンセットウェイを走ります。

P8080013-2.jpg

P8080015-2.jpg

塩俵の断崖

P8080030-2.jpg

大バエ灯台へ

P8080035-2.jpg

P8080036-2.jpg

P8080038-2.jpg

この灯台は登れるので登ってみました。

景色いいです、海の色がエメラルドグリーンで綺麗です!

P8080041-2.jpg

P8080042-2.jpg

P8080050-2.jpg

反対側の海岸道路で戻ります。

昼食は、生月島で

KIMG0596-2.jpg

KIMG0597-2.jpg

P8080056-2.jpg

平戸ザビエル記念教会

P8080060-2.jpg

寺院と教会の見える道

P8080065-2.jpg

日陰は、ちょっと涼しいいです!

P8080068-2.jpg

P8080071-2.jpg

平戸城が見えてきました。

P8080073-2.jpg

教会を探してやっとわかりました(^^;

P8080074-2.jpg

アップで

P8080075-2.jpg

平戸大橋

P8080086-2.jpg

田平天主堂
レンガ造りで風格があります。

P8080095-2.jpg

P8080098-2.jpg

佐々ICから高速で
大村湾SAで休憩!

P8080102-2.jpg

諫早ICで降りてR251で雲仙まで
宿に到着!
やっぱり涼しいです。
5度ほど気温が低いと

P8080115-2.jpg

部屋の前が雲仙地獄です。

P8080117-2.jpg

露天風呂付です。

P8080120-2.jpg

早速、温泉に入って夕食です。

KIMG0612-2.jpg

KIMG0613-2.jpg

ビールが旨い!

KIMG0614-2.jpg

今回は、忘れずに食事を撮りました(笑)

KIMG0615-2.jpg

KIMG0616-2.jpg

KIMG0618-2.jpg

KIMG0619-2.jpg

KIMG0621-2.jpg

KIMG0622-2.jpg

KIMG0624-2.jpg

KIMG0626-2.jpg

KIMG0627-2.jpg

夕食後は、部屋の露天風呂へ
広い檜風呂でゆったり出来ました(^-^)

一晩明けて朝食です。
バイキングでした。

KIMG0629-2.jpg

雲仙地獄を散策

硫黄の匂いがすごいです。

P8090128-2.jpg

P8090130-2.jpg

なぜか猫がいっぱいでした??

P8090133-2.jpg

P8090134-2.jpg

P8090137-2.jpg

泊まってる雲仙九州ホテルです。

P8090139-2.jpg

P8090142-2.jpg

ホテルに戻って並んでるプリウスとパチリ!

P8090148-2.jpg

ホテルを出発!
仁田峠へ
一方通行の道です。

途中の展望台で

P8090155-2.jpg

仁田峠に着きました。

P8090166-2.jpg

P8090172-2.jpg

ロープウェイで頂上へ

P8090175-2.jpg

思ったより速いです!

P8090191-2.jpg

到着、涼しい!!

P8090193-2.jpg

P8090195-2.jpg

P8090199-2.jpg

P8090203-2.jpg

P8090208-2.jpg

P8090213-2.jpg

昼食は、道の駅「みずなし本陣ふかえ」で

KIMG0640-2.jpg

KIMG0641-2.jpg

P8090216-2.jpg

ぼちぼち帰路へ
もちろん高速で

大村湾PA

P8090222-2.jpg

連日暑さが続いてましたが、
雲仙は涼しく、やっぱり避暑地でした!

クラッチワイヤーとアクセルワイヤーの給油 [メンテナンス]

久々にクラッチワイヤーとアクセルワイヤーの給油を行いました。

まずは、VTRから
クラッチレバーを外します。

P8060083-2.jpg

グリースとワイヤーインジェクターの出番です。

P8060084-2.jpg

ワイヤーインジェクターを取り付けて(取り付けネジはきつく締めます)
なるべく根元側に取り付けた方が、グリースが漏れなくていいみたいです。

P8060085-2.jpg

クラッチワイヤーのエンジン側からグリースが出てきたらスプレーを吹くのを止めます。

P8060087-2.jpg

両側のタイコ部分にもグリースをつけて終了!

続いてアクセルワイヤーの給油です。
アクセル側のスイッチボックスのボルト2本外して

P8060091-2.jpg

アクセルワイヤーには、グリースじゃなくワイヤーオイルを使います。
グリースの方が長持ちしそうですが、
アクセルワイヤにはワイヤーインジェクターが使えないのと
ワイヤーを外すのが面倒なので浸透しやすいワイヤーオイルを

P8060092-2.jpg

アクセルワイヤーはそのままでなるべく奥まで差し込んでスプレーします。

P8060094-2.jpg

何回かに分けてエンジン側の様子を見ながら、少しずつスプレーします。
エンジン側からオイルが出てきたらスプレー終わりです。

P8060096-2.jpg

アクセルワイヤーは、2本あるのでもう1本も同じようにやります。

P8060098-2.jpg

CB1300SFは、クラッチは油圧式なのでアクセルワイヤーだけします。

P8060099-2.jpg

P8060102-2.jpg

もう1本も同じように行って終了です!

最近のバイクは、トラクションコントロールが付いているので
アクセルは、電子式なので
アクセルもクラッチも給油しなくていいので、メンテが楽でいいかも!